わすれられたゆめ

虚無という概念、そこにあるもの

陰キャが成人式に言った時の話


成人式に行った。

この私が成人式に出たのだ。

私は中学校が大嫌いだった。スクールカーストは多分最底辺で嫌われてはないけど好かれてもいないポジション。陽キャの男子だけが知ってる可愛い女の子ランキングは多分圏外。多分だよ。隠れファンがいた可能性はまだ消えてないよ。いつもクラス1可愛くて大人っぽい女の子の隣にいて年上の彼氏がどーのこーの他校の先輩と付き合ってどーのこーのいう話を聞いていた芋っぽい女子だった。まあ今は公務員の超優しい彼氏いるんで今更どーでもいいですけど?とか強がらないと過去の自分が報われない気がする。過去は過去で今の自分には何も関係ない、関係してるようで意外と何も関係してない。

式場に着くと知ってる顔がちらほら見受けられた。多分高校の同級生、だと、思う。多分。話したことはない。隣町の高校に進学した上に隣町のクラスメイトとしかつるまなかったので中学卒業と共に市内の同級生との付き合いはぱったりと途絶えた。

受付が中学の学区ごとになっていたためその周辺は見知った顔ばかりだった。当時学年主任だった先生もいた。ピアスだらけの耳と赤くなった髪に驚かれ、まあそうでしょうね、あの芋がこうなったらその反応は妥当ですよね、と思った。3年で学年委員長を務めたあの真面目ちゃんは今高卒無職になってますよ。ざまあ見やがれ。何に対してざまあって思ってるのかはよく分かんないけど。

一見誰か分からない同級生がいっぱいいた。よく見たらああ、面影あるな、みたいな。特に仲良くなかった人たちに話しかけられて上辺だけの挨拶を返す。「久しぶり」って便利な言葉だな。今こいつが何してようと別に興味はないけど進学先とか勤め先とか聞いてみた。聞いてみて分かったのは今期の覇権アニメの話してるほうがよっぽど有意義ってことくらい。ポプテピピックってクソだよねー!
少しは大人になってると思ったけど話の内容もスクールカーストも関係性も、外見以外の全てが悪い意味で何も変わってなくて愕然。陰キャへの暴言だって何一つ変わってない。5年間何してたの?中学校留年した?正直少し期待してた面はあった。20歳にもなればみんな大人になってるやろ、うまい付き合いの仕方とか大人の振る舞いとかできるようになってるやろ、と思ってた。でも15歳のままだった。会話に入ろうとするとやんわりと押し返す膜のようなものにふわっと弾かれる感覚も5年前と何も変わっていなかった。

その後の同窓会と二次会には行かなかったっていうか最初から行く気無かったので行かないって伝えてあったけどマーーーーージで行かなくてよかった。この苦痛な時間がこれから何時間も続くって考えたら安定剤足りなくなっちゃいますねーふふふ。私がここでいくら嘆いても彼らの世界は私に関係ないところで勝手にまわっていくわけで。全員骨折しろバーカ。

以上これから成人を迎える陰キャは成人式に期待すると死にますので気をつけてください、という話でした。なんか悔しいのでこれを読んだ全員に全部の指にささくれができる呪いをかけます。

仕事をやめてからというもの

 

 

仕事をやめてから1ヵ月が経った。

 

毎日何をしているかというと、何をしているんだろう。自分でも分からない。他人に聞かれて困ることが多々ある。ずっとインターネットしてることには間違いない。インターネットは生命線だ。貴重な情報源だ。なくてはならないツールだ。仕事を辞めた今、自分を社会と繋げているのは紛れもなくこの四角い端末である。あとは主にうんこしてる。うんこはいいぞ。気持ちいいからな。

 

仕事を辞めた理由は、鬱だ。

私は多分生まれつき鬱病である。生まれたときから世界を斜めに見ていたし、アルバムを漁ればレンズの向こうの何かを恨むような目をした私の写真がごろごろでてくる(隣に写っている姉はアイドルスマイルを振りまいている)。学校生活はリストカットや自殺未遂をしながら、まあまあ、なんとなく、高校を卒業するまでやっていけた。と言っても実際つらかったので中学卒業までは記憶があまりない。

 

仕事を始めて最も耐えられなかったのは『大人の気遣い』。これに限る。具体的には

「これもらってください」

「えー悪いですよお!困りますう!」

「いいからいいから」

「ほんとに悪いですってー!」

みたいなやりとり。もっと例を挙げれば、細かいところに目配せしてあれやっておきましょうか、とか。周りがすごく気を遣うような人ばかりで、それを美徳とする空気があった。私は何か頂けば「えーいいんですか~ありがとうございます」と言って受け取りさっさとやり取りを終わらせてしまう。だってこんなやり取りすんのめんどくさくない?いけなくはないのだろうけれども周りから孤立したくない一心でわざとそういう対応を心掛けた。それと先輩が自分の分の仕事をやっておいてくれるときがすごく苦手で、お礼も言うし悪いことではないとは思っていても自己嫌悪で心が圧迫される。

素を出せる人がいなかったことも一因かもしれない。Dirが好きでアイドル追っかけてて毎日必ず死ぬこと考えてる10代女子(当時)が素なんて出したらえらいこっちゃワッショイワッショイな訳だが。あとはシンプルにただの年上を敬えない。ヨイショさえできない。興味ない人間と会話できない。嗚呼、何たる社会不適合者!!

書いていて嫌になってきた。そんなこんなで職場で眩暈がしたり眠れなくなったりしたので今年の2月から精神科通院を開始し、半年で10キロ痩せたりいろんな病でぐえーとなりながら、9月に退職した。

私はきっと人間と仕事がしたくない。これからどうやって生きていけばいいのだろう。この片田舎は興味のない人間と関わらずに仕事するにはあまりにも狭く、難しい。だからといってこの繋がりを捨ててまで都会へ行きたい気持ちもない。自分はなにがしたいんだろう。特に思い当たらないので何もしたくないんだろう。強いて言えばただ気持ちいいことがしたいだけ。うんことか。不確定なぼんやりした未来のことを考えると不安になってくる。ので、ワイパックスを飲みます、ごくん。

 

この社会不適合者のできることは限りなく少ない。実際できないじゃなくてやらないだけなんだけども。やりたくないのだから仕方ない。やればできる但し自殺を企図する、そんなのはできるに入りません。根性論者は黙ってろよ。そりゃやろうと思えば何でもできるって知ってるよ。代償が大きいからしないだけだモン。

……誰に言い訳してんだか。

 

これからどうするかって、よく分かりません。気が向いたら働くし、気が向いたら死ぬ。思うとこ様々あれど、将来のことは考えなくていいって親にも医者にも言われてる。ただ現状睡眠サイクルぐちゃぐちゃだし毎日サインバルタ飲まないと生活できないしできるだけ家から出たくない、しかも1人で出かけるのが怖い、こんなんで働けるかって、どーなんだか、やりたいこともないのに、ねえ。

結局のところ何かしたいけど何をしようか迷っていて、あと一歩が踏み出せず、フラストレーションばかりが蓄積してもやもやしてんだわ。自分と同じような人間がこの世にはごまんと存在するんだろうな。カッコ悪。一度きりの人生やりたいことやらなきゃ損とは思いつつ踏みとどまってる今は有意義な時間と言えるのだろうか、甚だ謎。

下痢と怒りが止まらない

 

 

木曜から腹痛と泥のような下痢が治まらないので病院に行った。熱出して内科にかかったばかりなのでなんとなく気が引けたがこのままだと会社に行けないので背に腹は代えられない。もともと上司と飯食って胃痛がしたり消化不良で毎回うんこに食べたものの面影が残ってたこともあっていつか行かなければいけない運命だったのだろう。ケツから麺とかツイートしてないで早く行っておけば親にトイレでの永住を勧められることもなかったかもしれない。ベッドとトイレの往復生活に別れを告げるべく市内の総合病院へ向かった。

様々な自戒の念に苛まれながら受付を済ませ医師の触診を受ける。痛いところがあったら言ってくださいと言われたが痛くないところばかり触られたので大丈夫ですを連呼するだけのマシーンに成り果てていたら苦い顔をされて、どうせ大したことねーなとか思われてるんだろうなとひとり鬱々とした。腹部のエコー検査をするらしく別室に連れて行かれでかい病院は違うぜなどとさっきとは打って変わって上機嫌の私。エコーとは簡単な話が妊婦さんがよくやってるアレである。女の子ですね~男の子ですね~あっ笑ってる~なんて幸せな会話が付きものなイメージがあろうかと思うが現実は甘くない。とにかく機械をあてる力が強い。セルライト流すエステかよと思うほど縦横無尽にゴリゴリやってきやがる。痛い。とにかく痛い。どこやっても痛い。ここ痛いですかってあなたこれ痛くない人なんて存在するんですか。触診で大丈夫ですマシーンだった私はこのとき全部痛いですマシーンへと変貌を遂げた。処置中3回くらい生理について聞かれたのでエコーといえば妊婦さんのイメージしか無い私は、やべえ妊娠しとんのちゃう、元彼の子やろか、親になんて言えばええんや、中絶費は、会社は、と思考が先走りまくっていたのだがただの腸炎だった。医師から伝えられたときはちょっと恥ずかしかった。

最後に会計するのだがびっくり仰天、検査だけで500点引かれてる上に痛み止めしか出されてない、しかも薬代含め3000円って高すぎくない?検査で塗られたドゥルドゥル拭ききれてなかったし拭かれたタオル臭いしもうほんとキレそう。何が悲しくて3000円払って理科室の雑巾の臭いまとって帰らなきゃいけないのか。会社休むわ下痢止まらないわ猫の轢死体見るわ小陰唇のできもの潰れるわでチョベリバな最近。今年で厄年も終わりなのでなんとか健康に生き延びたいものである。